スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Puppy奮闘中・・・

PuppyLinuxをVAIOのZ505Dにインストールしようと奮闘をしておりますが、全く上手くいきません。
うーん・・・。(^^;

PuppyはVAIOのC1Sに3.02をインストールしちゃんと使用しています。
今回は前回のC1Sのインストール実験をふまえて最新版の4.xをインストールしようという試みですが、3.01はインストールできたものの4.1jpへのアップグレードインストール時につまづきます。
ファイルの転送は大丈夫なのですが、最終的なgrubブートローダの書き込みでミスるようです。
3.01からのアップグレードだから上手くいかないかもしれません。
grubの更新だとアウトで、grubの新規インストールだとさらに上手くいきませんでした。
今日はこのあたりにしておいて、明日は4.1jpの完全新規インストールを試してみることにします。
つかれたー。(^^;

3.01からのアップグレードを狙ったのはZ505DやC1系列など内蔵でCD光学ドライブを持たない機種はインストールにコツが要るからであります。
PuppyLinuxのVer3.0xではCDからの起動時のbootオプションに以下を付加することにより、CDからきちんと起動します。

puppy ide1=0x180,0x386 nopcmcia acpi=off

しかし、4.xでは pup_4xx.sfs not found. というエラーが出て起動することができません。
光学ドライブがIDE接続されているデスクトップマシンなら問題ないのですが、CDドライブをPCMCIAで接続していてBIOSレベルで内蔵ドライブとして認識させているノートマシンではPuppyの4.xはアウトなのです。
PCMCIA接続での光学ドライブはなぜか内蔵として認識しません。
BIOSで定義されているので初期読み込みだけはするのですが、上記の3.0x用の起動オプションを付加してもPuppyは起動できません。
これを回避するにはPuppyのLiveCDにの中に入っている pup_4xxjp.sfs をpup_4xx.sfsにリネームしてHDDのルートに置けばOKです。
HDDに置くのが難しい場合はUSBメモリ等のフラッシュドライブでも大丈夫のようです。

まぁ、このあたりまでぼちぼちやっていたのですが、どうも上書きでアップグレードするとよろしくないような・・・気がするのですが・・・後は明日考えます。
今日は忙しすぎて脳みそがとろけそうです。
スポンサーサイト

PuppyLinux

自分でカテゴリを作っておいて今まであまり話題にしてこなかったので少し書いてみたいと思います。
PuppyLinuxはLinuxのディストリビューションの中でも極めて軽く動くLinuxです。
僕はVAIOのPCG-C1Sにインストールしていますが、MMX-Pentiumでも何とか使い物になりますのでけっこう便利に使えます。
最新のOSなのにMMX-Pentiumで動くというところからして面白いです。
VAIOのC1系列は特殊な解像度ですのでそのままインストールしても画面の広さを生かせませんが、ちょっとしたインストール時のコツできちんと1024x640のワイド画面を生かして表示することができます。
詳しいインストールのコツは以下のサイト様に非常に詳しく載っております。

「286」様 VAIO PCG-C1S で Puppy Linux がまともに動くようになったので。
http://286.jp/article/75324981.html

このサイト様で解説されているとおりにすれば何にも困ることはない、というくらいの詳細さです。
ただ、C1の中でも初期のもの、無印、R、Sの場合はVersionが4.0を使う方が混乱が少なくてすみます。
4.0.X以降だと起動時のブートローダの読み込み位置が違うのでエラーが出て止まります。
もちろん回避する方法はあるのですが、4.0.0を使うとすんなり行くので、これで良いと思います。
新しい機種の場合は最新バージョンで何ら問題ありません。
僕はC1Sに4.0.0をインストールしていますが、Windows98で運用するよりも最新のプログラムが動くので使用時に違和感が無くて良い感じです。
ただ、最新のプログラムはそれだけ重いですので使い勝手は最高とはいかず、逆に軽めのアプリを選ぶ必要もあったりします。
ただ、MMX-PentiumのマシンでFirefoxの3.xが動くのは感動ものです。
感動しますが、重たくて使い物にはなりませんので、デフォルトのmozillaファミリのSeaMonkeyを使う方が良いでしょう。

PuppyLinuxは新しめのディストリビューションですので無線LANの802.11bのドライバを持っていたります。
設定はややこしいですが1回やってしまうとあとは使うだけ、です。
Windows98などの古いWindowsにない魅力がある良いLinuxだと思います。
古いマシンだけでなく新しめのマシンでも動きますし、出番が少なくなったモバイルノートに入れてみると面白いかもしれません。
もっともっと使っていただきたいディストリビューションです。
プロフィール

インテリステーション

Author:インテリステーション
日々コンピュータのことばかりを考えています。
いじっては壊し、ジャンクを漁り、部屋は計算機だらけであります。
そんな日々の戯言です。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。