スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iBook-G3のデータ移行

ハンペン型iBook-G3がたくさんありますが、調子が今一つ良くないものもあります。
結局は常に使うものは限られたものだけだったりします。
持ち歩くのは12インチ版が便利ですし、じっくりと使うのならば14インチ版の方が画面が見やすいです。
12インチ版、14インチ版ともに常用しているマシンは700MHzなのですが、MacOSX10.3PantherならG3の700MHzでも軽めに動作しますが、10.4Tigerならやや荷が重いところです。
とはいえ、SafariやFlashPlayer、ATOKの最新版を使おうと思えば10.4Tiger以降でなければなりません。
10.3Pantherはすでに過去のOSとなりつつあります。
通常使う分にはこれで十分なのですが・・・。

よって、常用するハンペン型iBook-G3のうち、12インチはOSX10.3Pantherを、14インチ版は10.4Tigerをインストールしてあります。
しかし、どうしてもユーティリティの関係で10.4Tigerの方が使い勝手が良いのもまた事実です。
ただ、今使っている14インチ版のiBookのGPUの調子が悪く、頻繁に画面が乱れるようになってきました。
圧縮法によって補修してあるのですが、圧縮法では補正しきれないクラックが発生しているようです。
これはもう機体としては限界だと感じているところですので、もう1台ある14インチ版にデータを移行することにしました。
ターゲットはG3の900MHz版で処理速度も問題ないでしょう。

もっと早めに取りかかるつもりだったのですが、弟が使うNECマシンを調整していたりしてなかなか手がつけられませんでした。
今回はそっくりそのまま移行が基本コンセプトなのですが、せっかくですので使ってみたかったユーティリティなども入れてみることにしています。

Macにインストールすると便利そうなフリーウェアは以下のサイト様が大変参考になります。

スチーム速報 Mac買ったらすぐに入れるべきフリーソフトウェア
スポンサーサイト

iMac-G4-3号機の調整完了

昨日届きましたiMac-G4の3号機ですが、今朝から調整にかかりまして先ほど完了いたしました。
調整といってももともとが動作品ですので、分解清掃をして外側のケースを磨き倒して、光学ドライブとHDDをチェック、その後はOSのインストールという流れです。
OSをインストールしてからもアップデートをかけなければなりませんので、それが案外時間のかかるところですが、何とか使える状態にまで持ってくることができました。

前オーナさんがどのような環境で使っておられたのかは分かりませんが、中もあまりホコリを吸っておらず綺麗な状態でした。
iMac-G4のガワはおそらくアクリルのケースに手触りの良い特殊な塗料を塗ってあるものと思います。
ところが、この最上面の塗装、手触りは良いのですがかなり手垢などの汚れが沈着しやすいように思います。
手垢は酸性の汚れですので、多量に沈着するとアルコール溶剤などのクリーナでは荷が重く、アルコールだけではなかなか落としきれません。
以前にも記事にしましたが、iMac-G4の手垢汚れの掃除にはアルカリのクリーナが極めて有効です。
自分の場合は業務用食器洗浄機の専用クリーナをつてで手に入れ、それを3倍程度に薄めて使用しています。
これがすごい勢いで手垢や油汚れを落としますので、アルコール洗浄と合わせて使うと効果的です。
今回も特性アルカリクリーナで磨き倒した結果、買った当時そのままの輝き・・・まではいきませんが、何とかある程度は白い状態になりました。

液晶パネルも綺麗な状態で輝度も十分。
あまり使われていなかった機体のように思えます。
ドライブ類も問題なしで。最上部のファンも問題ありません。
ということで、OSのインストール。
とりあえず、今回は3台あるiMac-G4の中では最高速の1GHzなので、自宅で使う予定だった1号機と交換して使用することにしました。
800MHzと1GHz、体感的にはあまり変わらないかもしれませんが、やはり少しでも速い方が心情的には良いわけですので・・・。

今回は動作品を入手しましたのであまりいじるところはありませんでした。
また今度はジャンクでいじり倒したいなぁ、と思う今日この頃です。

iMac-G4-3号機到着

週明けまして、iMac-G4の3号機が到着いたしました。
でも、他にやらなければならないことが多すぎて、まだ梱包を解いただけです。
本格的なチェックは明日以降になりそうです。
見た感触では前期型の最終形のように見えるのですが、まだ詳しく調べたわけではないので所見を出すのはは明日以降といたします。
早くいじりたいです。

iMac-G4-3号機の方向性

3号機の方向性といいましても、修理の方針とかではありません。
もともと完動品であるわけですし。
もっとも、分解掃除くらいはすると思いますが、細かい調整が必要だとは思えません。
今回は楽ちんだなぁ。

で、方向性といいますのは、つまり、使うための方向性ということです。
PowerPC-G4の1GHzという周波数は格段に遅くはないですが、かといって爆速でもありません。
今使っているQuicksilverはG4の800MHzですが、これも過不足はないとは言え、同時にたくさんのプロセスを実行させればとたんに処理が止まります。
案外リソースを食うのがATOK2009と広辞苑辞書だったりします。
辞書は切り離しても良いんだけれど、案外便利なので重くなるのを承知で通常辞書に連動させています。

今回の3号機のコンセプトは「日常使う最低限の機能しか有さないかわりに、現状でできるだけ体感を軽くする」ということを命題にしたいと思います。
できるかぎり体感を軽くするために、リソースを食う要因を排除する方向性でいきたいなぁ、と。
要はメールとWebと若干のプリケーションが動けばそれで良く、わざとバージョンを下げたりすることで軽めになるのでは、と考えています。
さてさて、どうなることやら。
今週いっぱいは忙しいので、とりあえず荷物は日曜日に到着するように運送屋さんにお願いしました。
というか、日付指定をしていたはずなのに、今日事務所に届いて多いに焦りました。
受け取っても良かったのですが、置く場所も作っていないので指定日付通りに持ってきてもらうようにお願いをし、いったん持ち帰っていただきました。
指定日付はよく確認して欲しいものです。
その日に持って来て欲しい理由があるから、その日付を指定をしているわけですので・・・。
届くまでに色々と用事と仕事を片付けておきましょう。
楽しみなことがあるから、今頑張れるのです。

iMac-G4の3台目落札

性懲りもなく、と申しましょうか。
またまたiMac-G4をオークションで落札してしまいました。
これですでに3台目になります。
キーボードとマウスと電源ケーブルは付いていませんが、他の状態は良さそうです。
ドライブ類も実装されていて動作品であるとのこと。
スペックはG4-1GHzにコンボドライブ、HDDは80Gバイト、液晶パネルは15インチであるということです。
このスペックから考えるに、おそらくiMac-G4の第3世代であるM9285J/Aという型番のモデルではないかと思われます。
この型番のアップルの公式スペックは以下の取りです。

iMac G4 1GHz/15"TFT/256SD/80G/Combo/GeForce4 MX 32MB/56K/SPKRS

これはなかなか使えそうな感じであります。
また、完動品であるというところもポイントが高いです。
落札価格はなぜか不動ジャンクのようなお値段で落札してしまい、これは本当にラッキーです。
少なくとも先日落札した完動品iMac-G4の1号機、800MHz版よりは格段にお安いです。
こっちの1GHzの方をメインに使っていきましょう。
早く届かないかなぁ、と待ち遠しいかぎりなのです。
あ、よく考えたら全然ジャンクな話題ではなかったですね。
プロフィール

インテリステーション

Author:インテリステーション
日々コンピュータのことばかりを考えています。
いじっては壊し、ジャンクを漁り、部屋は計算機だらけであります。
そんな日々の戯言です。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。