スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IDEOSのテコ入れ(その2)

こんにちは!!

昨日のエントリでご紹介いたしましたIDEOSのテコ入れの続きです。

IDEOSにSambaFilesharingをインストールしました。
Googleプレイストアに登録されているので、検索してダウンロードするだけでOKです。
なお、root権を取っておく必要があるので、Z4rootでroot化をあらかじめしておきます。
SambaFilesharingを起動するとsuperuser確認が行われ、あとは設定で適当に設定するだけ。
試したところ、匿名ではアクセスできないようで、必ずユーザ名とパスワードの設定は必要みたいです。
その辺の設定を飛ばしてanonymousでアクセスできるかと思ったのですが、SambaFilesharing側できちんと設定をさせるようですね。

設定ができたら他の端末からアクセスを試みるだけ、もちろんうまくいきました。
普通にNASなどにアクセスするのと全く同じ感覚ですので、大容量のマイクロSDカードを実装させてよく使うファイルを置いておくと便利かも。

さらに、昨日は電車での帰宅でしたので、電車内でIDEOSのテザリングを使ってみました。
現在、IDEOSに差し込んでいるSIMカードは日本通信のイオン専用SIM、速度は150kbps定速です。
Galaxy-Sで日本通信の3Gハイスピードを使ってブラウジングするよりはもたつくかな、という程度でした。
3Gハイスピードといっても過度の期待は禁物、相手はなんと言っても速度が上がらんことでは定評がある日本通信です。
逆に、150kbpsプランではきちんとコントロールされているのか、計測しても150kbpsはきちんと出ている感じ。
150kbpsが維持できないのならさすがにユーザとしてはやってられないですが・・・まぁ、体感としては150kbpsなりの速度でした。
テザリング時の使用SIMカードについてはもう少し考える必要があると思いますが、これでイーモバイルを解約しても何とかなるメドが立ちました。
IDEOSの使い道って色々出てきますね、思い入れがある機体なだけに嬉しいです。
スポンサーサイト

IDEOSのテコ入れ

こんにちは!!

前々からココでご紹介をしておりますが、Huawei製の小型スマートフォン「IDEOS」を以前より愛用しております。
小型で軽いのは良いのですが、電池の保ちが悪い、画面が小さくて見にくい、処理が遅いという小型ならではの欠点もあります。
一番感じるのはシステムが使うメモリが極めて少なく、ファームウェアにもよりますが重量級にアプリはインストールするだけでアウト、というものがあったりします。
冗談では無く、Facebookの公式アプリなんかは最近の重さゆえにIDEOSではインストールしない方が賢明です、動作するしない以前の問題です。
あるいは、使わないプリインストールアプリが圧迫していることもよくあります。

で、IDEOSの使い道としてこれからはテザリングで使っていこうかな、と思っています。
つまりIDEOSのポケットWi-Fi化ですね。
もともとテザリングロジックを持ったSIMフリー端末なので特別な設定をかます必要は全くありません。
できるだけ必要ないアプリを除去してホーム画面に一発でテザリング起動ができるアプリのアイコンを置くだけです。
画面があるので設定も簡単、いちいちPCにつないで設定画面を呼び出さないと設定できないHuaweiのGP02とは大違いです。
GP02と比べて電池の保ちは悪くなりますが、とりあえずIDEOS用の新品電池を入手しましたので様子を見てみようというところ。
IDEOSをポケットWi-Fiとして使うのは案外良いアイデアかも、と思っている今日この頃です。
GP02には差し込んだSDカードを簡易NASとして使える機能がありますが、これもAndroidをファイルサーバ化することで何とかなりそうです。

詳しくはこちら。
Android をファイルサーバ化する Samba Filesharing(要root)

そっかそっか、Android用Sambaってのがあるんですね。
これはやってみたいですね。
というか、直接読み書きできるのならGP02よりも楽ちんです。
GP02イラネ、オークションで売ってみますか。(^^)

機材が増えすぎましたので・・・

こんにちは!!

大変ご無沙汰しております。
「まいにちぱそこんにっき」も更新しなくなってからかなり経ちますが、またボチボチと書いていこうと思っております。
さすがに「まいにち」というわけにはいきませんが、できるだけ「まいにち」を目指してまいります。

さて、更新していなかった間、機材というかジャンクというか、その手のブツにも若干の動きがありまして。

現在、ボチボチ使っているのはこんな感じです。

スマートフォン
サムスン Galaxy Note-1 → 現在、SIM無し やっぱり2の方が使い勝手が良いので売ろうかな
サムスン Galaxy Note-2 → ドコモ純正契約(Xi)
サムスン Galaxy S-1 → 日本通信スマホSIM音声付き契約
HTC HT-03A白 → 自宅内でネットのみ、カスタムロムCyanogenmod
HTC HT-03A黒 → ICレコーダとして使用 カスタムロムCyanogenmod
シャープ IS01 → ワンセグ録画専用
Huawei IDEOS → 日本通信イオン専用150kbpsデータ通信SIM使用、緊急用

モバイルWi-Fiルータ
イーモバイル42Mプラン 端末はGP02 → この8月で解約予定
WiMAX → 思っていたよりも便利!!

タブレット
初代iPad Wi-Fi → 子供用としても
第4世代iPad Wi-Fi → こちらの方が断然使い勝手は良いです
CREATIVE Ziio7 → rootとってマーケットぶっ込み済み、緊急用
原道 N50 → さすがにここまで多いと面倒見切れないので売却済み
第4世代iPodTouch → 軽さといい、薄さといい、スケジューラなどのPDA用途としては最高レベル!

ウルトラモバイルPC
HP Mini110 → なかなか手に馴染まないマシンだったので売却を決意、そのまま売却済み
ASUS EeePC701SD → むちゃくちゃ使いにくい!!!軽い、ということだけでOKですが・・・。


日常的に使うものはこんな感じです。
使っていて感じるのは、iDevice(アップル製端末群)の出来がすごく良い、ということ。
iPod-Touch第4世代は軽くて薄くて最高です。
ネットとメールも見られるし、スケジューラとしてはこの上なく便利。
ただ、メモリが少なくて非力すぎるのでFacebookなどの激重純正アプリは動かないと思う方が良いです。
iOSについては使えるFacebookアプリが極めて少なく、純正に頼らざるを得ないのですが・・・純正がまともに走らないのは困りもの。
まぁ、非力なTouchで動かさなくとも、第4世代iPadで見てしまえばOKなんですが。

逆に、Androidのタブレットはいくつか試した結果、どれもあまり気に入りませんでした。
原道N50という中華Padは値段を考えれば良いのは良いのですが、とにかく電池の減りが凄まじく、作りも甘いのであまり使わなくなりまして。
結局、中華Padを使うよりは中古で初代iPadを入手する方が何かとはかどる、ということでN50をたたき売り、初代iPadを中古入手。
初代は重たいですし、非力ですし、iOSは5.1.1止まりですが、知っていて使う分には何にも困りません。
子供に第4世代iPadを使わせるのも心配ですが、まぁ中古の初代なら・・・という感じです。

時間ができれば取りかかりたいのがIDEOSのカスタムロム化ですね。
CyanogenmodのIDEOS版が出ているらしく、ちょっとテコ入れしたい感じです。
IDEOSについてはこの8月にイーモバイルを解約した後、テザリング用として動かしたいと思っています。
日本通信イオンSIM運用ですが、ある程度チャージしておき、必要なときだけ速度ターボで動かせばさほどストレスは無いのかな、と。
日本通信を信用してはいけないのですが、あまり良い方法も無く。(^^;
Galaxy Note-1で日本通信スマホSIM音声付きLTEを使ってみたところ、LTE回線は使うには使いますが高速なんて名ばかりで。
3Gハイスピードよりも遅いなんてザラでしたので、あげくのはてにサービスモードを呼び出してLTEを切って使っていたほどでした。
現在のところ、スマホSIM音声付きLTEについてはGalaxy-Sに取り付けていますので、もともと非LTE端末なので3Gでしか通信できません。
そこそこのスピードが出ているようでこれはこれで便利です・・・150kbpsとか100kbps縛りに比べれば。

現状はこんな感じです。
そして、こんな感じでボチボチと更新してまいりますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

DTI-100kbpsプランとGP02

こんにちは!!

先日契約をしましたDTIのFOMA網を使ったMVNOの100kbpsプラン、月額490円についての使用感です。
この手のサービスは元々は日本通信(b-mobile)の独壇場でしたが、最近では色々な会社が参入をしています。
データ通信のうち、安価なものはFOMA網を使った3G通信であることが多いようです。
使用感と言いましても、サービスの概要そのものは今まで使っている日本通信イオン専用SIM980円と全く同じで、使用感も変わることはありません。
問題は新たに入手したGP02にこのDTIのFOMAカードを差し込んだとき、どの程度の使い勝手か、ということです。

GP02にこのFOMAカードを差し込むとディスプレイには問題なくDoCoMoと表示されます。
適当なパソコンとGP02をUSBケーブル(マイクロUSB)で接続すると、自動的にGP02からドライバがインストールされます。
ドライバのインストールを待ってGP02の設定メニューに入りプロファイルを追加します。
なお、ログインするときのパスワードは端末の電池ブタを開けたところに記載されているWEPキーみたいです。
ちょっと戸惑うのはもともとイーモバイルの端末ですので、イーモバイル側で書き込まれているプロファイルは削除できないというところ、追加をする形でDTIのAPNを設定します。
これでOK、作業としては簡単ですね。
無線LANのSSIDやセキュリティレベル、パスワードなども設定しておきます。
これで念のため端末を再起動、問題なく無線LAN側にもつながります。

さて、自分はこのGP02をiPod-Touchと組み合わせて持ち歩いて使っています。
どの程度の電池の保ちがあるのか実測してみました。
外出時、フル充電完了しているGP02とiPod-Touchをポケットに入れて無線LANを起動します。
そのまま接続状態で、約5時間程度連続通信が可能でした。
だいたいスペック通りかな、こんなものだと思います。
気をつけたいのはiPadやiPod-Touchなどのアップル系だと思います。
設定した無線LANの電波があれば自動的に接続をしてくれるのですが、端末がスリープ状態になっても無線LANとの接続は自動で切り離さないです。
ですので、iPod-Touchを使わずポケットに入れておいても接続されたままになっているので、どんどんGP02の電池は消耗していきます。
その都度GP02の電源ボタンを軽く長押し(3秒ほど)することによって、無線LANモードを抜けて待ち受けに戻りますので、使うときだけ無線LANを起動する方が良さそうですね。


さて、原道N50を仕事用にチューニングし直しました。
買ったのは良いのですがあまり使い道も無いので放ったらかしになってました。
アプリを2~3追加したところ、思っていたよりも使いやすく仕上がりました。
これ、安い割りには案外良い端末かも。(^^)
ただ・・・どうせならGPSも欲しかったのと、電池がもう少し保ってくれれば。
使いっぱなしで約4時間で電池残量が30%を切るのはちょっと早すぎると思いますね。
クロック落とすとか、何か方法が無いものか・・・。

D25HW文鎮化、そしてGP02(2号機)

明けましておめでとうございます!
本年も「まいにちぱそこんにっき」をどうぞよろしくお願いいたします。
2013年が始まりました。
皆さま、いかがお過ごしでしたでしょうか、

自分は新年早々に年末に買ったばかりのD25HWのファームウェアを吹っ飛ばし、完全に文鎮化させてしまいました。
仕方がないので代替機としてファーウェイGP02を中古で購入・・・手元にGP02が何と2台もあることになってしまいました。
GP02の2号機の方はDTI社(ドリーム・トレイン・インターネット)の月額490円で維持できる100kbpsのデータ通信SIMを契約し、本日やっと届きましたので早速にSIMを入れてモバイルWi-Fiとして使っています。
GP02は1号機のイーモバイル42Mbpsがあるのですが、2号機100kbpsも思っていたよりも速く感じるので使い勝手はそこそこ。
Wi-FiモデルであるiPod-Touch(4G)とセットでポケットインで持ち歩くつもりです。
DTIの490円データ通信SIMの詳しいことはこちらをご覧下さい。
申し込みから開通まで全てネットでできるので便利です。
ただし、日本通信(B-Mobile)のように音声通話と一緒になったプランは無いようです。
したがって、番号MNPの弾として使うことはできません。

さて、D25HWが文鎮となった経緯です。
もともとD25HWはイーモバイルの端末で、元々はファーウェイE5832sが元になっていると思われます。
ネットの情報だとD25HWはSIMフリー端末で、外国に持ち出してもご当地のSIMを差し込めば通信できるらしい。
検証したWebのブログ記事もあったりして、てっきりと完全SIMロックフリーだと思い込んでいたのがそもそものトホホの発端です。
実は、SIMロックフリーはフリーなんです。
が、実は、SIMロックのもう1段階深いレベルでいわゆる「ネットワークロック」がかけられているんです。
D25HWの元マシン、ファーウェイE5832sの諸元では850、900、1800、1900、2100MHzということになっていますが、この中でイーモバイルが使っている周波数帯は1800MHz帯なのですが、逆にソフトバンクとドコモが使っているデータ通信の帯域が2100MHzなのです。
そこで、イーモバ仕様のD25HWではドコモとソフトバンクのデータ帯域である2100MHz帯が使用できないようにロックがかけてあるのです。
元々のE5832sではもちろん使える仕様ですが・・・。
これはソフトバンクやドコモのSIMを差し込んで使われるのを防ぐためでしょう。
ソフトバンクと言うよりも、おそらく、日本通信のイオン専用100kbpsのような極安価なプランで使われるのを封印するため、というのが目的だと思います。

これに気がついたのは端末が手元に到着してからなんです。
かなり困りました。
D25HWは新しく契約をしたDTIの490円データプランSIMで使うつもりでした。
ハックしようか、とも思ったのですが、あまり事例が無く。
そもそも、ドコモやソフトバンクの割高なデータSIMをD25HWに入れたいというユーザは数が少ないはずで、むしろイーモバイルのチャージプランなどで使いたい方の方が多かったと思われます。
また、E5832sはソフトバンク仕様のC01HW、ドコモ仕様のHW01Cとしてそれぞれのキャリアから発売されている、というのも分かりました。
DTIはドコモのMVNOなのでイーモバイル回線では無くDTI回線で使いたければドコモから発売のHW01Cというのを入手するべきでした。
もともとの端末に差違は無くておそらくはファームウェアで対応しているだけだと思うのです。
ということは、D25HWにドコモHW01C用のファームを焼けばHW01C化できるかも・・・。
実際にネットでソフトバンクC01HWにイーモバD25HWのファームを当てて機能アップした、という例が報告されています。
これの逆ができないか、ということです。
ところが、残念ながらドコモHW01Cのファームウェアは非公開となっているのです。
では、元々の端末であるファーウェイE5832s用のファームウェアは・・・?
これは香港の何とかいう通信会社のサイトで見つけてダウンロードできました。
これを本気でD25HWに焼くかどうか、ということですが・・・実は2ちゃんねるのD25HW関連板でお一人だけですがD25HWにE5832sのファームをを焼いてみた、という実験報告が書かれていました。
この方もD25HWを改修し、イオンSIMなどドコモのMVNO通信会社のSIMで使ってみたい、というニーズをお持ちだったこととお察しします。
書かれておられる結果は「失敗」でした。
挙動としては上手くいくように見えるのですが、USB接続でPC側からファームを流し込むので途中でハードウェアIDが変わってしまい、新しく何かのUSB機器をつなぎ直したような挙動になり流し込んでいる最中でPCとの接続が途切れてしまうのが原因のようです。
失敗するのは目に見えていますが、追試しました。(^^;
D25HWでDTIの490円SIMが使えないのは自明の理です。
IDEOSに使っている日本通信のイオンSIMを刺してみましたが、「NoService」と表示されるだけでした。
同じFOMAのSIMなのでDTIのSIMを刺しても結果は同じはず。
したがいまして、どうせ使えないのなら華々しく散ってこい・・・ということで、あえてE5832sのファームを流してみました。
・・・。orz
上手くいくかなー、と思っていたのですが、結果は2ちゃんねるで報告されておられた方と全く同じ、流し込んでいる最中にハードウェアIDが書き換わった瞬間にPCとの接続が途切れてしまい・・・アップデート失敗です。
しかも、アップデート中の表示になったままウンともスンとも言わなくなりました。(^^;
ホーラ言わんこっちゃない。
ま、自分で望んでしたことなので良し、とします。
でも2013年の初トホホでした。

結局、DTIのSIMで動作確認が取れているとされるファーウェイGP02を再度入手し直すこととなりました。
中古で送料込みで5000円くらい。
GP02はネットワークロックも無いようで完全なSIMフリーですね。
D25HWでネットワークロックをかけた結果、苦情が殺到したのでしょうか。(^^;
GP02を2台所有することになりましたが、持っていて損は無いでしょう。
要らなくなればオークションで手放せば良いだけのことですし、今は借りておくことにします。
ということで、最初に戻りますが、本日に届いたばかりのDTIのSIMをGP02に差し込んでプロファイル設定、無事に開通しました。
とりあえずiPod-Touchと一緒に胸ポケットに入れてみましたが、D25HWよりもかなり重たいですね。
だからD25HWの方が良かったのに・・・。
新年初トホホの話題でした。


追伸です。
この間、ドコモにGalaxyNote2の最低維持料金を聞きに行ったのですが、さすが純減組・・・。(^^;
むちゃくちゃサービスが良くなっていてビックリしました。
待ち時間は短いわ、ジュースは飲み放題だわ、漫画は読み放題だわ、机の上にはナノイーのミスト装置が置いてあってお肌は潤いまくりだわ、説明は全て手書きですし(お絵かき用の電子端末みたいなのを使用)、帰る時には出入り口まで立ってお見送りですし・・・。
なんか、色々とものすごかったです。
ちなみに、新規契約でいちばん安い維持費用は端末代込み(割引適用価格)で月々4822円だそう。
うーん、これってXi(クロッシィ)契約ですよね・・・FOMAのプランSSとかで良いんだけれど・・・。
ドコモ的にはXi対応端末はXi契約しか認めていないみたいです。
FOMAのSIMでもマイクロサイズにカットして挿入したら多分動くと思うけどなぁ・・・。
どうなんだろ。
どうもGalaxyNote2を買うなら、MNPで番号を他社から持ってくる方が良さそうですね。
プロフィール

インテリステーション

Author:インテリステーション
日々コンピュータのことばかりを考えています。
いじっては壊し、ジャンクを漁り、部屋は計算機だらけであります。
そんな日々の戯言です。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。