スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに

何年かぶりになるでしょうか。
久しぶりにこれから大阪日本橋へ出かけてきます。
目的は弟のマシンに使うパーツ類の入手と、実家から頼まれた電機製品の値段調べ(と、場合によっては購入も)であります。
あまり時間は取れませんが何か掘り出し物があればいいなぁ。
スポンサーサイト

インストール中に雑談などを

オークションで落札したジャンクなiMac-G4がまだ届きませんので、とりあえずやるべきことをやっておきましょう。
手元にある方のiMac-G4(800MHz版)を使えるようにするために、HDDのフォーマットとOSのインストールを行っているところです。
このiMacは動作確認用に10.3Pantherが入っていたのですが、かなりの爆速感で10.4Tigerでも期待できそうです。
今、これを書いているメインマシンはPowerMac-G4-Quicksilverの800MHzなので、iMac-G4と条件的にはほとんど同じなはずなのですが何だか動作が重いんですよね。
HDDが空っぽなのって素晴らしいです。
自宅ではWeb閲覧用にしか使いませんので(メールすら取らないつもり)、軽ければ軽いにこしたことはありません。
OperaとSafari専用機です。
なぜかと言いますと、自宅ではスリープ状態にして置いておきますので、メールを取っていたら留守中にかみさんに読まれる危険が大きいからです。
別に読まれて困るようなものはないのですが、そこはそれ、オークションの落札記録とかを見られるとかなりヤバいわけです、はい。

他にも調整しなければならないマシンが幾つかあるのですが、それはちょっと置いておいて。
インストールに平行して頼まれ仕事の録音データの編集をやってしまわなければなりません。
他にもオークションの追っかけで、例のPCG-U1をどうするか考え中です。
U1にこだわるつもりは全然ありませんし、モバイルならシャープ製MebiusのMURAMASAが
ありますので困っているわけではありません。
プロセッサもTM5800-867MHzですからMURAMASAのモバイルPentium3-800MHzの方が体感速度ははるかに上のはず。

U1のスタイルとコンセプトはC1系列を凌ぐ考え方であるので興味はありますが、マシンの能力を考えれば高い値段を出して落札するのははばかられるところです。
C1系列は初期型の無印から最後期に至るまでそのコンセプト自体は一貫していました。
モバイルマシンとしては秀逸のできであり、当時の状況を考えればメインマシンにすらなり得るパワーと軽快さがありました。
現に僕の知り合いの女性は当時、C1をメインマシンとして常に持ち歩いて使用していました。
よく考えれば無謀極まりないのですが、当時はADSLなども普及していませんでしたので固定回線で常時接続というインターネット接続ではなく、家でも出先でもPHSなどというユーザもそれなりにいたのです。(自分も実はそうでした)

ただ、C1はスタイルが横長ワイドですので、どうしても机の上、膝の上などに置いた上でキーを叩く、という使用方法になります。
U1はその欠点(?)を払拭するべく、両手でもって親指でキーを叩くスタイルに変貌を遂げました。
これで良いのかSONYさん、というような感じだったのですが、実際に知り合いが使っているのを見たときに心底カッコ良いと思ってしまったのです。
SONYさんのスタイル重視のプロモーションにやられたわけです。
こういうマシンがあっても良いよねぇ、と今でも思っている毒されものであります。

おっと、iMac-G4のフォーマットが完了したようですので、OSのインストールをしましょうか。
それでは、また。

久しぶりに

11日の日曜日、久しぶりにSくんにお目にかかりました。
就職されてはや半年以上、6ヶ月ぶりにお会いいたしましたが、話題はジャンクなことばかりでございました。
ハンペンがどうとか、G5がどうとか、そういう話題であります。
身近にジャンクなことやカメラのことが話せる環境がないのでついついお引き留めし、次のご予定に支障があったのではと反省しきりです。
この「まいにちぱそこんにっき」のアドレスもお伝えさせていただきましたので、もしかしたらここをご覧いただいているかもしれません。
またよろしく願いいたします。<(_ _)>

Sくんは近所であったイベントを手伝いに来られていたのですが、お会いしてすぐの会話が「これ買いました、良いでしょう」でした。
何かと申しますと、大阪某店のジャンクでパナソニックのデジカメLUMIXを購入されたとのこと。
400万画素ですが、ライカマークが入りライセンスレンズでしょうけれども明るめのレンズを実装しているようです。
型番までは見ていませんでしたが、400万画素でライカライセンスのレンズを搭載しているとするとDMC-FX5あたりではないかと推察されます。
いや、これ良いですよね。
実用するなら400万画素で十分ですし、レンズも良いですし、手ぶれ補正などの機能も良いと思います。
お値段を聞いてビックリ、ここには記しませんがジャンクとはいえ「僕にも買ってきて欲しかったなぁ。」と言いたくなるほどのお値段でした。
買いに行こうかな。(^^)

後は近況のご報告などをさせていただきました。
今までいじったハンペンを積み上げた(総勢6台+ロジックボード1枚)通称ハンペンタワーでお出迎えさせていただきました。
あとはiMacのG4とG5をみていただき、特にG5については今後の修理方針などを話しましたが、結局は自力での修理は難しいかも、と言う意見で一致しました。
ボチボチ分解してコンデンサをチェック、パンクしているようなら交換を検討する、という方向性で行くことにしました。
スペック的には非常に魅力ありますのでできれば修理をして使いたいのですが・・・。

他にもOSや開発環境についてお伺いしたりと短時間でしたが有意義な時間を過ごさせていただきました。
しかし、ジャンクな話は面白いし、尽きることがありません。
また次にお会いするまでにネタをたくさん仕込んでおかなければなりませんね。
頑張ってジャンクまっしぐらでまいります。

無線LANの不調FINAL

以前に話題にいたしました知人宅の無線LANの不調の件であります。
えっと、直ったそうです。
「そうです」というのは、つまり自分で直していないわけであります。

その知人のご家族様がケーブルの接続を確認すると、なんと取り付けが甘い個所があってそれを差し込むときちんと動いたということだそうです。

直って良かったです。

もしかして、最初から別のアクセスポイントに交換する必要は・・・なかったのかも?

無線LANの不調

無線LANの不調といっても自分のものではなく、設定させていただいた知人宅のものなのです。
できるだけ安価に、ということで、手持ちの予備に置いてあったIOデータ製ブロードバンドルータとBuffalo製の無線LANアクセスポイント、いわゆるAirStation(ブリッジタイプ)を組み合わせて急ごしらえで作った環境です。
よく状況を聞いてみるとルータについてはきちんと動いているらしい。
しかし、アクセスポイントからどうやら電波が出ていない様子です。
電源をいったん抜いて再起動しても不調のままだとか。

知人はMacBookユーザで、AirMacポートを利用してインターネットにつないでいます。
ご家族さまがルータから有線でインターネット接続をされておられるとか。
有線でつないであるマシンは問題なく、無線でつなごうとするとつながらないということです。
そのMacBookを自宅に持ってきて頂きましたが、自宅の無線LANの電波はきちんと受信してネットにつながります。
ということは、MacBookの無線不調ではなく、設置させていただいたアクセスポイントに問題がありそうです。
今日は家人がその方のお家にお邪魔をすることになっているので、新しいアクセスポイント兼ルータを用意することにして、とりあえず応急処置として電波を出すだけの別のAirStationを用意し、同じ設定を書き込んで交換してきてもらうことにしました。
結果はまだ聞いていませんが、おそらくこれで当分は上手くいくはず・・・だと信じたいところです。

目に見える現象としては「無線LANにつながらない」ということなのですが、その原因としてはたくさんの要因が考えられます。
電波の干渉によるものなのか、アクセスポイントの問題なのか、受信するAirMacモジュールの問題なのか、再起動をかけたつもりでかかっていなかっただけなのか、自分の目で確認をしたわけではなく又聞きになるのでよけいに不安になります。
こういうトラブルの場合は基本的には「一番壊れやすいところから壊れる」「一番トラブルが出やすいところにトラブルが出る」ということになるのですが、そうでない場合もあるわけで、だからこそややこしくなるのです。

無線LANの機器やルータなどは常時接続なので基本的には休みなく365日ずっと動かしっぱなしです。
それに耐えうるようにもちろん設計されてはいるでしょうが、しょせんは家庭用の民生機なので3年間ずっと動かしっぱなしだとどこかで不具合も出てくるかもしれません。
いきなり壊れればまだすぐに壊れた、と理解できるだけ良いのですが、トラブルが再現しなかったり、あるいは再現しても発生条件が分からなかったり、一番嫌なパターンはいつの間にか直っていた、というものでしょう。
手っ取り早くは機械ごとの交換なのですが、そうそうそれもしてられません。
トラブルの解決はいつも大変なものであります。
プロフィール

インテリステーション

Author:インテリステーション
日々コンピュータのことばかりを考えています。
いじっては壊し、ジャンクを漁り、部屋は計算機だらけであります。
そんな日々の戯言です。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。