スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リコーCaplio-R7

リコーのCaplio-R7が届きました。
若干難有り品、ということで極めて安価に落札することができました。
筐体は実にきれいな状態、元箱やソフトウェアは無く本体だけですが、これで全く問題はありません。
難有り、というのはCaplioのR系列で多発する沈胴式レンズの繰り出し機構に無理があり、繰り出すときに引っかかりを生ずることがある、というものです。
引っかかればエラーで停止しますので事実上使用することができません。
ですので、オークションではレンズが繰り出せなくなり撮影できなくなったジャンクのR系列をよく見かけます。
今回落札したのはレンズを上に向けていると繰り出せない、という不具合発生品です。
上向きかげんでもNGですので実際は使いにくくなってしまっているわけですが、電源投入時にだけ気をつけていれば良いのです。
リコー側もこの不具合は関知しているようで、場合によっては修理も無料になる可能性もあるようです。
R7は発売後やや時間が経っているので修理に関する扱いがどうなのかは分かりませんが・・・。
ただ、電源を入れるとギュイーンと沈胴レンズをすごい勢いで繰り出しますので、こんな勢いよくやっていれば不具合も多発するものと思ってしまします。
さらに、沈胴レンズを全て繰り出したときの状態ではレンズの総長がかなり長く、それを薄型のコンパクトな筐体に納めているわけで無理があるのかなぁ、という印象です。
しかし、広角から望遠まで全てをカバーする7倍を超えるズームレンズとGRの設計に裏打ちされた画像エンジン、処理能力はまさにオールインワンコンパクトと呼んで差し支えのない強力なマシンであります。
撮影している感覚はGRそっくりで、制御ソフトも設計は似ていると思われます。
ただ、背面の十字ボタンとOK兼メニューボタン、アジャストボタンはかなり押しにくく、使いにくいように思われました。

簡単なスペックは35mm版換算で28-200mmのズームと1/2.5型820万(有効815万)画素のCCDセンサです。
初代のGR-DIGITALは1/1.8型有効813万画素で、画像エンジンも専用設計ですので画質的にはGRの方に分がありそうです。
今回は簡単なチェックだけで写真の撮り比べをしていないのですが、時間ができればR7とGRとで同じ被写体を撮り比べてみようと思います。
これは楽しみですね。
スポンサーサイト
プロフィール

インテリステーション

Author:インテリステーション
日々コンピュータのことばかりを考えています。
いじっては壊し、ジャンクを漁り、部屋は計算機だらけであります。
そんな日々の戯言です。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。