スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WHR-HP-AMPGファーム書き換え失敗の巻

こんにちは!!

一連の無線LANルータいじりの最終段階として、ジャンクで手に入れたWHR-HP-AMPGのファームウェア書き換え(DD-WRT化)に挑戦。
これでうまくいけば有終の美だったのかもしれないけれど、ヤバいなぁ、と思っていたとおりに見事失敗しました。
原因も割りとはっきりとしていて、TFTPサーバを立てて最終的にファームウェアのダウンロードをさせるのですが、そこで失敗している可能性が大です。
作業マシンの設定ミスでダウンロードされていると思っていたファームがダウンロードされていなかった、ということでしょうね。
書き換え後のメモリマップは正確だったので・・・てっきり成功したものと思ったのですが・・・。
まぁ、ちゃんとロードされてるか分からんもんなぁ、とぼやいてみる。

同じAirStationといえども、卵楕円型のWBR2-G54などはそのままダウンロードしたDD-WRTを設定画面のファームウェア更新で流し込めばOKでした。
しかし、WHR-HP-G54あたりから以降はファームウェアが暗号化されているので、設定画面からのファームウェア更新では流し込めなくなったみたいです。

そこで、考え出されたのが以下の方法です。
もともとAirStationのファームウェアは組み込みLinuxで作動しており、電源オンして起動するときのブートローダを乗っ取ってこちらの操作を受け付けるようにし、telnetを使って外部からファームをダウンロードさせて書き換えよう、という方法です。
今回ターゲットのWHR-HP-AMPGはヤフーオークションで100円でゲットしたもの、壊れたとしても心置きなく取りかかれます。
正直、送料の方が何倍も金がかかっています。(^^;

WHR-HP-AMPGは802.11aと802.11gが両方同時に使用できるという機種です。
自分が使っているWHR-HP-AMG54はaまたはgという排他使用なので、もともと興味がありました。
DD-WRT化できれば良いなぁ、と思っていたのですが、失敗・・・。(^^;

DD-WRTのサイトで調べるとWHR-HP-AMPGは対応機種では無かったのですが、この機種は海外ではWHR-HP-AG108という機種のようで、AG108だと対応機種名に表示されます。
方法論としてはDD-WRTのwikiにしたがえば良いのですが、AG108(海外版)とAMPG(日本版)ではメモリマップに差異があるので流し込むべきredbootに対してパッチを当てる必要があります。
このあたりは解説サイトがあるので割愛、なにしろ失敗してるし・・・。
失敗したと言っても、redbootの起動までは確認しているので、シリアルコンソールで救済できる可能性がありますね。
また時間を見つけてチャレンジしてみます。
それにしても、今回は良い勉強になりました。(^^)
組み込みLinuxも面白いですね、もう少しいろいろとやってみたいです。

ちなみに、このWHR-HP-AMPGはACアダプタ無しの状態で100円だったものです。
ACアダプタはなんとWHR-HP-G54とかWHR-HP-AMG54とも互換性がありません。
なんでだろう・・・。
5ボルト駆動なところはG54とかAMG54と共通なのですが、ジャックが一回り小さく共用できません。
結局、事務所のルータを現在使っているWHR-HP-AMG54からWHR-HP-AMPGに交換するという名目で、完動品セットのWHR-HP-AMPGをオークションで別途購入し、今回の書き換え実験の間だけACアダプタを借りて実験しました。
どうせ使い道が無いジャンク100円のAMPGはこれで心置きなく実験台としてその役割を果たしたのでした。
スポンサーサイト
プロフィール

インテリステーション

Author:インテリステーション
日々コンピュータのことばかりを考えています。
いじっては壊し、ジャンクを漁り、部屋は計算機だらけであります。
そんな日々の戯言です。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。