スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D25HW文鎮化、そしてGP02(2号機)

明けましておめでとうございます!
本年も「まいにちぱそこんにっき」をどうぞよろしくお願いいたします。
2013年が始まりました。
皆さま、いかがお過ごしでしたでしょうか、

自分は新年早々に年末に買ったばかりのD25HWのファームウェアを吹っ飛ばし、完全に文鎮化させてしまいました。
仕方がないので代替機としてファーウェイGP02を中古で購入・・・手元にGP02が何と2台もあることになってしまいました。
GP02の2号機の方はDTI社(ドリーム・トレイン・インターネット)の月額490円で維持できる100kbpsのデータ通信SIMを契約し、本日やっと届きましたので早速にSIMを入れてモバイルWi-Fiとして使っています。
GP02は1号機のイーモバイル42Mbpsがあるのですが、2号機100kbpsも思っていたよりも速く感じるので使い勝手はそこそこ。
Wi-FiモデルであるiPod-Touch(4G)とセットでポケットインで持ち歩くつもりです。
DTIの490円データ通信SIMの詳しいことはこちらをご覧下さい。
申し込みから開通まで全てネットでできるので便利です。
ただし、日本通信(B-Mobile)のように音声通話と一緒になったプランは無いようです。
したがって、番号MNPの弾として使うことはできません。

さて、D25HWが文鎮となった経緯です。
もともとD25HWはイーモバイルの端末で、元々はファーウェイE5832sが元になっていると思われます。
ネットの情報だとD25HWはSIMフリー端末で、外国に持ち出してもご当地のSIMを差し込めば通信できるらしい。
検証したWebのブログ記事もあったりして、てっきりと完全SIMロックフリーだと思い込んでいたのがそもそものトホホの発端です。
実は、SIMロックフリーはフリーなんです。
が、実は、SIMロックのもう1段階深いレベルでいわゆる「ネットワークロック」がかけられているんです。
D25HWの元マシン、ファーウェイE5832sの諸元では850、900、1800、1900、2100MHzということになっていますが、この中でイーモバイルが使っている周波数帯は1800MHz帯なのですが、逆にソフトバンクとドコモが使っているデータ通信の帯域が2100MHzなのです。
そこで、イーモバ仕様のD25HWではドコモとソフトバンクのデータ帯域である2100MHz帯が使用できないようにロックがかけてあるのです。
元々のE5832sではもちろん使える仕様ですが・・・。
これはソフトバンクやドコモのSIMを差し込んで使われるのを防ぐためでしょう。
ソフトバンクと言うよりも、おそらく、日本通信のイオン専用100kbpsのような極安価なプランで使われるのを封印するため、というのが目的だと思います。

これに気がついたのは端末が手元に到着してからなんです。
かなり困りました。
D25HWは新しく契約をしたDTIの490円データプランSIMで使うつもりでした。
ハックしようか、とも思ったのですが、あまり事例が無く。
そもそも、ドコモやソフトバンクの割高なデータSIMをD25HWに入れたいというユーザは数が少ないはずで、むしろイーモバイルのチャージプランなどで使いたい方の方が多かったと思われます。
また、E5832sはソフトバンク仕様のC01HW、ドコモ仕様のHW01Cとしてそれぞれのキャリアから発売されている、というのも分かりました。
DTIはドコモのMVNOなのでイーモバイル回線では無くDTI回線で使いたければドコモから発売のHW01Cというのを入手するべきでした。
もともとの端末に差違は無くておそらくはファームウェアで対応しているだけだと思うのです。
ということは、D25HWにドコモHW01C用のファームを焼けばHW01C化できるかも・・・。
実際にネットでソフトバンクC01HWにイーモバD25HWのファームを当てて機能アップした、という例が報告されています。
これの逆ができないか、ということです。
ところが、残念ながらドコモHW01Cのファームウェアは非公開となっているのです。
では、元々の端末であるファーウェイE5832s用のファームウェアは・・・?
これは香港の何とかいう通信会社のサイトで見つけてダウンロードできました。
これを本気でD25HWに焼くかどうか、ということですが・・・実は2ちゃんねるのD25HW関連板でお一人だけですがD25HWにE5832sのファームをを焼いてみた、という実験報告が書かれていました。
この方もD25HWを改修し、イオンSIMなどドコモのMVNO通信会社のSIMで使ってみたい、というニーズをお持ちだったこととお察しします。
書かれておられる結果は「失敗」でした。
挙動としては上手くいくように見えるのですが、USB接続でPC側からファームを流し込むので途中でハードウェアIDが変わってしまい、新しく何かのUSB機器をつなぎ直したような挙動になり流し込んでいる最中でPCとの接続が途切れてしまうのが原因のようです。
失敗するのは目に見えていますが、追試しました。(^^;
D25HWでDTIの490円SIMが使えないのは自明の理です。
IDEOSに使っている日本通信のイオンSIMを刺してみましたが、「NoService」と表示されるだけでした。
同じFOMAのSIMなのでDTIのSIMを刺しても結果は同じはず。
したがいまして、どうせ使えないのなら華々しく散ってこい・・・ということで、あえてE5832sのファームを流してみました。
・・・。orz
上手くいくかなー、と思っていたのですが、結果は2ちゃんねるで報告されておられた方と全く同じ、流し込んでいる最中にハードウェアIDが書き換わった瞬間にPCとの接続が途切れてしまい・・・アップデート失敗です。
しかも、アップデート中の表示になったままウンともスンとも言わなくなりました。(^^;
ホーラ言わんこっちゃない。
ま、自分で望んでしたことなので良し、とします。
でも2013年の初トホホでした。

結局、DTIのSIMで動作確認が取れているとされるファーウェイGP02を再度入手し直すこととなりました。
中古で送料込みで5000円くらい。
GP02はネットワークロックも無いようで完全なSIMフリーですね。
D25HWでネットワークロックをかけた結果、苦情が殺到したのでしょうか。(^^;
GP02を2台所有することになりましたが、持っていて損は無いでしょう。
要らなくなればオークションで手放せば良いだけのことですし、今は借りておくことにします。
ということで、最初に戻りますが、本日に届いたばかりのDTIのSIMをGP02に差し込んでプロファイル設定、無事に開通しました。
とりあえずiPod-Touchと一緒に胸ポケットに入れてみましたが、D25HWよりもかなり重たいですね。
だからD25HWの方が良かったのに・・・。
新年初トホホの話題でした。


追伸です。
この間、ドコモにGalaxyNote2の最低維持料金を聞きに行ったのですが、さすが純減組・・・。(^^;
むちゃくちゃサービスが良くなっていてビックリしました。
待ち時間は短いわ、ジュースは飲み放題だわ、漫画は読み放題だわ、机の上にはナノイーのミスト装置が置いてあってお肌は潤いまくりだわ、説明は全て手書きですし(お絵かき用の電子端末みたいなのを使用)、帰る時には出入り口まで立ってお見送りですし・・・。
なんか、色々とものすごかったです。
ちなみに、新規契約でいちばん安い維持費用は端末代込み(割引適用価格)で月々4822円だそう。
うーん、これってXi(クロッシィ)契約ですよね・・・FOMAのプランSSとかで良いんだけれど・・・。
ドコモ的にはXi対応端末はXi契約しか認めていないみたいです。
FOMAのSIMでもマイクロサイズにカットして挿入したら多分動くと思うけどなぁ・・・。
どうなんだろ。
どうもGalaxyNote2を買うなら、MNPで番号を他社から持ってくる方が良さそうですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

D25HW=C01HWのOEM元の機種名はE5830sかE5832s(調べるもどう違うのか分からず)ですが、
HW-01CのOEM元の機種名はE585のようで、上記2機種とは仕様が異なります。
前者はminiUSB、後者はmicroUSBですのでお間違いなきよう。
とはいえdocomoはファームウェアを公開していないのでやりようが無いのですが。

貴重な資料

私もsimロックフリー端末かと思っていたのに、残念です。bmobilesimで使用できませんでした。

ありがとうございます。
プロフィール

Author:インテリステーション
日々コンピュータのことばかりを考えています。
いじっては壊し、ジャンクを漁り、部屋は計算機だらけであります。
そんな日々の戯言です。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。